2017年3月23日木曜日

しんみりオヤコ。

今朝、奥多摩湖畔を散歩していた時、
何気なく湖畔を見下ろすと、
そこにはなんと、ニホンカモシカの親子が。
















え?どこかわからない?
よく見て!ここですよ!
















ほら!

















2頭のカモシカが見えますか?
この後、仲よく歩き去って行きました。


さて、このニホンカモシカですが、
普段は単独(1頭)で生活していることが
ほとんどです。

ただ、5~6月ごろに子どもを1頭産むと、
子どもとお母さんが一緒に生活する「子育て期間」
だいたい1年ほどあるそうです。
その期間だけは親子が一緒にいる様子が見られます。

しかし、今はもう3月下旬。
あと2~3か月で親離れの時期です。

きっとこの1年で、
お母さんから森を生き抜く方法を学び、
体も大きく成長したのでしょう。

もう季節は春。
暖かく過ごしやすくなってきましたが、
親子でいられるのもあとわずか。
ちょっとしんみりした気持ちになってしまいました。

別れた後も元気に過ごしてくれると良いですね。

(インタープリター:とむさん)


2017年3月21日火曜日

春の自然体験プログラムのご案内

春休みを前に、山のふるさと村では、つくしやフキが顔を出して
テントウムシやヤマアカガエルも春が来たことを知らせてくれています。

さて、3月18日から7月14日までビジターセンター主催の
自然体験プログラムが春の時間割に変更となりました。

冬期のお休みだった「おはようウォーク」や「ちびっこあーと」も実施になりますよ。
時間割は以下になります。

☆日中の自然体験プログラム☆

ミニトーク   10:15~(15分)
スライドショー 10:45~(15分)
ガイドウォーク 11:15~(60分)
ちびっこあーと 13:00~(30分)
ガイドウォーク 14:00~(30分)
ミニトーク   15:15~(15分)

☆宿泊者向けプログラム☆

ナイトプログラム
     3~4月 19:00~(60分)
     5~7月 19:30~(60分)

おはようウォーク 7:00~(60分)

詳しくはこちら↓


皆さまのご参加をスタッフ一同お待ちしております。

3/21奥多摩周遊道路一部通行止めのお知らせ

積雪により、

9時から奥多摩周遊道路
山のふるさと村~檜原都民の森間が通行止め

 となります。

従って、檜原村方面から山のふるさと村方面へ通り抜けはできません。

山のふるさと村周辺の現在の天気は雨、気温は5℃。
本日は一日雨の予報で、雪に変わる可能性もあります。
奥多摩方面に来所予定の方は、
道路情報を確認しながら、十分お気をつけてご通行下さい。

山のふるさと村

2017年3月15日水曜日

【奥多摩周遊道路】全区間通行止め解除

積雪のため通行止めとなっていた
山のふるさと村~檜原都民の森区間が

11:30より通行止解除となりました。

これにより、山のふるさと村から檜原村方面への
通り抜けが可能となりました。

通行可能とはなりましたが、
日かげなど路面温度の低い所では
凍結の恐れがありますので通行の際には
十分に注意してください。

山のふるさと村

【奥多摩周遊道路】山ふる~檜原都民の森通行止め

昨夜降雪があったため、
奥多摩周遊道路は山のふるさと村~都民の森の区間が通行止め
となります。
山のふるさと村は通常通り開園しております。

状況が変わり次第、
本ブログでお知らせいたします。

奥多摩方面にお越しになる方は、
道路情報を確認しながら、十分お気をつけてご通行下さい。

山のふるさと村

2017年3月13日月曜日

3月19日木工教室お休みのお知らせ

木工教室お休みのお知らせです。

クラフトセンター木工教室は、都合により

3月19日(日)終日
をお休みにさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、
ご理解ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、石細工教室サンドブラストは体験できます。


 山のふるさと村

2017年3月9日木曜日

春の兆し

まだまだ寒い日が続いていますが、
気が付けば3月も中旬。
冬の間は比較的静かな園内ですが、
春休み期間になればドッと賑やかになるでしょう。

今日は春に先駆けて動き出した生きものたちの様子を紹介します。















ダンコウバイのつぼみ。
この写真はビジターセンターの裏で撮影しました。
もう間もなく開きそうなので、今週末には開花するかもしれません。
小さな黄色い花は春の香りに満ちています。

続いてはこちら














芽吹いたばかりのジュウニヒトエです。
葉は暖かそうな毛で覆われています。
花が咲くまでにはまだまだかかりそうです。
岬園地の手前で撮影しました。

続いては















顔を出したばかりのフデリンドウです。
暖かくなったら、筆のような形の青い花を咲かせます。
こちらも花が咲くまでにはまだまだかかりそうです。
ビジターセンター前で撮影しました。

そしてそして















ちょっと見づらいですが、
早春の風物詩、ヤマアカガエルの卵塊(らんかい)です。全長30㎝位。
春になればオタマジャクシがみられるでしょう。
サイグチ沢脇の小さな流れで撮影しました。

生きものたちはこんな風に次の季節の準備を進めています。
色々と見習うところがありそうですね。


おまけ
とはいえ、まだまだ寒い園内では、
こんな光景もみられました。















カメノコテントウの冬越しです。
身を寄せ合う姿は可愛らしいですね。
暖かくなったら動き出すことでしょう。

(菅原)