2016年5月24日火曜日

山のふるさと村FAX復旧のお知らせ

山のふるさと村のFAX(0428-86-2316)が
復旧いたしました。
皆さまにはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。

なお、22日夕方から24日の午前にかけて、FAXを頂きました方が
いらっしゃいましたら、大変お手数ですが、
山のふるさと村総合案内の番号 0428-86-2551、
または、E-mail(yamafuru@hkr.ne.jpまで
ご連絡頂きますよう、お願いいたします

館内消毒のため10:30まで閉館しております

本日館内消毒のため、9:00〜10:30までビジターセンターは閉館しております。
電話も繋がりません。
ご利用予定の方にはご迷惑をおかけしており、
大変申し訳ございません。
10:30以降は通常通り開館いたしますので
しばらくお待ちいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

2016年5月23日月曜日

山のふるさと村へFAXを送信される方へお知らせ

山のふるさと村へのFAX電話(0428-86-2316)が
現在原因不明で送受信や通話ができない状態となっております。
※23日の12時頃には不通となっていました。

原因が判明し修理が完了するまでFAXの送受信と通話ができません。ご了承ください。

2016年5月6日金曜日

週末は「山ふる」でゆったり過ごそう。


ゴールデンウィークも終盤戦に入りました。

「もうすぐ終わりかぁ。遊び足りないなぁ…。どこかお出かけしたいな。」

「あと2日もあるわ。食事を考えるのが大変。」

「渋滞に巻き込まれたし疲れたなぁ。でも週末は家族をどこかに連れていきたいな。」

なんて声が聞こえてきそうです※。(※注:インタープリター P の妄想です)

そんな様々な声にお応えするオススメの場所、
「山のふるさと村」のご紹介です。

初めての方も来たことがある方も、
今週末や次回いらした時に参考にしていただけたら幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【山のふるさと村とは?】

 山のふるさと村は東京都奥多摩町にあります。
 奥多摩湖(小河内ダム)のほとりにある自然公園施設です。
 通称「山ふる」です。

山のふるさと村ビジターセンター












【アクセス】

 ・お車の方:
 中央自動車道「上野原 I.C.」、圏央道「青梅 I.C.」や「日の出 I.C.」から約1時間です。
 ・電車と徒歩の方:
 JR奥多摩駅から西東京バスに乗車し(約30分)、「小河内神社」バス停で下車。
 麦山の浮橋(通称、ドラム缶橋)を渡り、湖畔の小道を歩いて約40分です。
 ・無料送迎バスの利用:
 JR奥多摩駅と山のふるさと村間を直通でお送りするバスです。
 キャンプ場サービスセンター(0428-86-224)で運行しております。
 ご利用を希望される場合は、事前にお問い合わせください。

麦山の浮橋(ドラム缶橋)












【自然】

 山ふるは東京とは思えないような豊かな自然が広がる場所です。
 多くの野生の哺乳類や野鳥、昆虫などが生息しています。
 ネイチャートレイル(自然散策路)が整備され、
 森林浴など自然を全身で感じたり、
 自然観察や軽いハイキングをしたりと様々な楽しみ方ができます。
 また山のふるさと村から小河内ダムサイトへ至る「奥多摩湖いこいの路」(12km)や
 奥多摩三山のひとつ、三頭山へ登山することもできます。
(山頂まで片道で約3時間かかります。)

奥多摩湖畔の眺め












自然散策路の様子











奥多摩湖いこいの路の様子











【インフォメーション】
 山のふるさと村ビジターセンターが総合案内をしております。
 園内施設や自然情報、周辺の観光案内などを行っています。
 インタープリター(自然解説員)が常駐していますので、
 お気軽にお声かけください。
 山のふるさと村ビジターセンター(0428-86-2551)

 
インタープリターがご案内します!










 

【体験】

 ◇自然体験
 山のふるさと村ビジターセンターでは、
 季節の自然のご紹介や自然を楽しむ様々な方法をお伝えする、
 自然体験プログラム(無料)を実施しています。
 幼児から大人まで年齢を問わずお楽しみいただけるプログラムがあります。
 季節によってスケジュールやプログラムが異なりますので、
 こちらをご確認ください。

 「春の自然体験プログラムのご体験」

 
スライドショー(15分)










ガイドウォーク(30~60分)











ミニトーク(15分)











ちびっこあーと(30分)







 
 
 
 また宿泊をする方向けに宿泊者限定プログラム(有料:500円)も実施しております。
 夜の森での暗闇体験や星空観察、朝だけの爽やかな森でのお散歩など、
 特別な体験をすることができます。ビジターセンターにてお申込みください。
 
ナイトプログラム(60分)










おはようウォーク(60分)














◇ものづくり体験

 クラフトセンターでは、木工、石細工、陶芸、自然食の各教室で体験ができます。
 また隣接する森の工作舎では、木の調理器具を削り出す体験などができます。


木工教室
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


石細工教室



陶芸教室


自然食教室





























【食事】

 レストラン「やませみ」では、奥多摩のおいしい水と食材を使った料理と
 こだわりコーヒー、 手作りスイーツをお召し上がりいただけます。
 またギャラリーにもなっており、
 奥多摩で活動されている方の作品をお楽しみいただけます。

 レストラン「やませみ」


【泊まる】

 山のふるさと村では、自然公園施設としては珍しく宿泊施設(自炊)があります。
 自然を全身で味わうことのできるテント泊と、小さいお子さんのいるご家庭でもお楽しみ
 いただけるケビン泊がございます。
 まずはお電話にてご希望の日程をお問い合わせください。
 キャンプ場サービスセンター(0428-86-2324)
また季節や曜日によってはケビンをお得に利用できる期間があります。
 詳しくはこちらをご確認ください。

 ケビンサイト特別割引料金のお知らせ
 http://yamafuru.blogspot.jp/2007/08/blog-post_26.html

テントサイトの様子
ケビンの外観

  











【公園の利用についてのご案内】

 ◇生きものの採集について
 山のふるさと村は東京都の自然公園施設となっており、
 園として動植物などの生きものの採集をご遠慮いただいております。
 今後もご来園される方が奥多摩の豊かな自然をお楽しみいただけるように、
 みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

 ◇野生動物との付き合い方について
 山のふるさと村は野生の哺乳類が28種類も確認されるほど、自然が豊かな場所です。
 そのため、園内外で野生動物に遭遇することがあります。
 その際には、ぜひ野生動物との正しい付き合い方を実践していただければ幸いです。
 今後も彼らと私たち人間がいい関係でいられますように。
 詳しくはこちらをご覧ください。

 野生のままであるために
 今年は、サルの年。

 ◇園内での火気使用について
 山のふるさと村では直火をご遠慮いただいております。
 キャンプ場のかまどなど所定の場所でのみお楽しみいただけます。
 登山の方などでシングルバーナーを利用される方は、
 ベンチの上など安定した場所でご利用ください。
 こちらに詳しくまとめられていますのでご確認ください。

 山のふるさと村での火気使用について

 ◇ペットを同伴してご来園される方へ
 飼い主の方からすると可愛い子どものような存在なのですが、
 苦手な方やアレルギーの方がいらっしゃったり、私たち人間を含めここでは自然の中に
 お邪魔している側です。そこに棲む生きものたちや環境にご配慮ください。
 また野生動物とペット間で病気をやり取りする可能性もございます。
 東京都自然公園ルールが策定され、ペットを同伴される方向けのマナーがあります。
 ぜひご一読ください。

 東京都自然公園利用ルール策定のお知らせ

 

2016年4月28日木曜日

ゴールデンウィークは、ぜひ山のふるさと村へ!


こんにちは。ビジターセンター職員の菅原です。

明日からゴールデンウィークが始まります。
山のふるさと村は新緑が美しい時期を迎えています。
様々な花も開花中で最高の時期です。ぜひ足を運んでみて下さい。

ちなみに、今の時期はこのようなものを見ることができます。
全て今日撮影した写真です。

 

ツツジ:
園内各所で咲き誇っています。花を覗き込むと、
「蜜標」と呼ばれる綺麗な模様が入っています。
虫を引き寄せる目印ですが、人も引き寄せられるかもしれません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 




 
スミレの花いろいろ:
園内各所で様々なスミレが観察できます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 


ヤマブキ満開の道(ヤマブキロード):
ヤマブキの花も満開です。ヤマブキロードを歩けば、
心もヤマブキ色になるかもしれません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

カエデの花:
カエデは今の時期に花を咲かせます。とても小さな花で、
花火のようです。園内各所で観察することができます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アケビの花:
アケビの花も開花中です。今年は花のつきが良いようです。
秋にはたくさんの実がなるかもしれません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 

 
ヤマブドウの花:
写真は蕾ですが、まもなく開花しそうです。
アケビと同様、今年は花のつきが良いようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


 
新緑の森:
色とりどりの緑色は山全体が花を咲かせているかのような華やかさです。
写真はイマイチですが、本物は何倍も綺麗ですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

ゴールデンウィーク特別企画!

唐突ですが、連休中の特別プログラムのご案内です。
先日の山のふるさと村春まつりで行われた
特別プログラム「お花見ガイドウォークと春のお茶会」が、
5月2日月曜に「お花見ガイドウォークと新緑のお茶会」として再登場。
このブログでご紹介したような草花と新緑を味わっていただきます。
 
内容は、ビジターセンター周辺を30~40分程散策した後、
広場のベンチに座ってお抹茶と和菓子を召し上がっていただきます。
時間は11:00からと14:00からの2回、どちらも1時間です。
お一人400円で各回先着10名様までお楽しみいただけます。
 
また、5月3日以降につきましてはただいま検討中ですので、
ご興味のある方はお電話かメールにて問い合わせください。
 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
まだ見どころはありますが、今日のところこの位で失礼します。
この連休はぜひ山のふるさと村へお越しください。
(菅原)

2016年4月26日火曜日

クラフトセンター6月イベントのご案内


山のふるさと村では、
輝くような新緑がまぶしい季節となりました。
ぜひこの時期しか見られない、
やわらかな色の山に出会いにいらしてください。

クラフトセンターで実施する、
日帰りと宿泊型イベントのご案内です。

◇「コーヒーカップとソーサ作り」

 自分で作ったオリジナルカップとソーサで飲むコーヒーは
 きっと格別の味。 

 ・日程:6月11日(土)
 ・定員:12名
 ・参加費:500円(作品郵送費は別途)
 ・申込締切:5月21日(土)必着

http://www.yamafuru.com/chirashi/coffee2016chirashi.pdf

◇「清流生まれのヤマメ燻製作り」

 奥多摩の澄んだ水で育ったヤマメの燻製は絶品です。
 お酒好きな方は自分の肴作りにぜひ!

 ・日程:6月17日(金)~18日(土)
 ・定員:20名
 ・参加費:8,000円
 ・申込締切:5月27日(金)必着

 

2016年4月21日木曜日

とむさん(新スタッフ)が仲間になった!

はじめまして!

4月から山のふるさと村ビジターセンターに仲間入りしましたとむさんです。
都会生まれの都会育ち。
以前は神奈川県の都市の環境教育の施設で働いていました。
完全な都会っ子です。
ですから、ビジターセンターに来てから
自然の壮大さに驚かされる日々を送っています。

「見渡す限り山だー!」
「こんな近くに野生のサルだー!タヌキもいるー!!」
「うわぁ!見たことない鳥がいっぱいだー!」
「クモかわいい!クモブーム来た!」
といった感じです。

まだまだ、植物や動物に関しては勉強中ですが、
山ふるの自然の豊かさや、
人と自然の上手な付き合い方を
楽しく伝えていけたら良いなと思っています。

これから、春の山ふるは
花に虫に星にと見どころが満載です。
ヤマザクラにエイザンスミレ、ルリタテハにニホントカゲにキビタキ・・・
あげればきりがありません。

そして、春は毎年やってきますが、
「はじめてみた・・・!」
と、驚きを隠せないとむさんを見られるのは1年目の今年だけかもしれません。
春の山ふると
新鮮な反応をするとむさんを見たい方は
ぜひ山ふるにおいで下さい。

(とむさん)