2018年8月18日土曜日

キャンプの極意 ~野生動物との付き合い方~

キャンプの季節です ^o^!
連日たくさんの宿泊者で山のふるさと村キャンプ場は賑わっています。

そして、泊まりならではの体験と言えば、夜に活動する動物との出会い!
夜道を歩くタヌキ、滑空するムササビ、草を食べるニホンジカ・・・。
野生動物たちとの遭遇はとても刺激的ですし、大切な思い出にもなるでしょう。

しかし近年、野生動物とのトラブルが増えてきたように思います。
本来は人間に近付かない野生動物が惹かれるのは、食べ物。
この夏には、食べ物を目当てに動物がテント内にまで侵入したケースもありました。

そこで、食べ物について私たちに今すぐ出来る事として、
以下の事柄を実践してみるのはいかがでしょうか?


◆ 動物に食べ物をあげない!◆
食べ物がある事を覚えてしまうと、次々と他の宿泊者の食べ物が狙われます。
さらに動物自身も、自分で食べ物を探す能力を失ってしまいます。
加えて、テントの前室や外に食べ物を置くことは、
動物に食べ物をあげたことと同じになってしまいますので気を付けましょう。


◆ 食べ物は残さず完食!◆
残り物から匂いがただよい、動物たちがテントに集まってしまうことがあります。
蓋をしてテントの奥に隠しても、嗅覚が鋭い動物には見つかります。
暑い時期はテントを網戸(メッシュ)にして寝ることが多くなりますが、
網戸(メッシュ)はツメやキバで破られてしまいます。
食べ残しが出ないよう、メニューと食材を考えましょう。


この先も、私達人間と野生動物がちょうどいい距離を保ちながら共に生きていくために、
この夏、野生動物との付き合い方について少し考えてみませんか。



 
ニホンカモシカ 湖畔の小道にて
(来園者より写真提供)



(インタープリター一同)

2018年8月16日木曜日

8/16(木)【森の工作舎】再開のお知らせ

山のふるさと村のクラフトセンターの隣にある森の工作舎からお知らせです。

8/1(水)より、森の工作舎をお休みとさせていただいておりましたが、
本日より再開となりました。

しかしながら、今後も不定期にお休みをいただく可能性がございます。
ご来園の際はお手数ですが、クラフトセンターにお電話にてお問い合わせ下さい。

【クラフトセンター】TEL:0428-86-2556

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

(山のふるさと村)

2018年8月10日金曜日

8/10(金)【奥多摩湖いこいの路】通行止め解除のお知らせ

台風の影響により、
通行止めとなっていた「奥多摩湖いこいの路」が、通行止め解除となります。

・奥多摩湖いこいの路
 通行止め解除:2018年8月10日(金)10:00~


なお、散策路には落枝やぬかるみなどがございます。
通行の際は、十分にお気をつけてご来園ください。

(山のふるさと村)

2018年8月9日木曜日

8/9(木)【麦山の浮橋】通行止め解除のお知らせ

台風の影響により、
通行止めとなっていた「麦山の浮橋」が、通行止め解除となります。

・麦山の浮橋
  通行止め解除:2018年8月9日(木)11:00~


通行止め解除とはなりましたが、
散策路には落枝やぬかるみなどがございます。
通行の際は、十分に気をつけてお越しください。

(山のふるさと村)

2018年8月8日水曜日

8/8(水)【麦山の浮橋及び奥多摩湖いこいの路】通行止めのお知らせ


本日、台風の影響に伴い麦山の浮橋及び奥多摩湖いこいの路が通行止めになります。
 
通行止め期間:2018年8月8日(水)14:00~

小河内貯水池管理事務所より、通行止め解除の連絡があり次第、
 山のふるさと村のホームページ、Twitterでお知らせいたします。
 
(山のふるさと村)

8月12、13日、9月3日クラフトセンター(木工、石細工、陶芸)営業時間変更のお知らせ

8月、9月のクラフトセンター各体験教室の臨時休館日、営業時間変更をお知らせします。

<石細工教室>(定休日:月、火曜日)
8月12日:AM団体利用のため、一般の方はPM13:00からのご利用となります。

 <木工教室>
9月3日:終日休み

<陶芸教室>
8月18日:AMまで一般の方がご利用いただけます。







2018年8月5日日曜日

空いっぱいのトンボ

みなさん こんにちは
インタープリター(自然解説員)のとむさんです。

夏まっさかり。
連日、暑い日が続いていますね。
奥多摩も朝夕は涼しいですが、
日中は都心とそれほど変わらず気温が高い日が続いています。

そんな暑さの中でも、
元気いっぱいで虫たちは活動しています。

近頃私が気になっているのは、トンボです。

ミヤマアカネ














クロスジギンヤンマ


















オニヤンマや、カワトンボ、ノシメトンボ、ミヤマアカネなど
様々なトンボが飛んでいますが、
特にオススメなのが、夕方になると、空いっぱいに飛んでいるアキアカネ。
見ごたえがあります。



















・・・空いっぱいのトンボを写真に撮ってみましたが、
写真じゃ伝わらないもどかしさを感じます。

この時期、小学生にはクワガタムシやカブトムシが大人気ですが、
空を「ふわー」と飛んでいるトンボの群れもぜひ見てやってください。
空中で止まったり、ひゅっと加速したり、
自由自在な飛び方が、何とも不思議で美しいです。

そんなわけで、山ふるに来て
夕方、少し日差しが落ち着いたら、
「ふっ」と空を見上げてみていただきたいです。

(インタープリター/とむさん)

2018年8月1日水曜日

【お知らせ】森の工作舎しばらくお休み。


山のふるさと村のクラフトセンターの隣にある森の工作舎からお知らせです。

森の工作舎の担当者不在により、

しばらくの間お休みとなります。

再開が分かり次第、こちらのブログでお知らせいたします。

2018年7月30日月曜日

7/30(月)【麦山の浮橋】【奥多摩いこいの路】通行止め解除のお知らせ

台風の影響により、
通行止めとなっていた「麦山の浮橋」と「奥多摩いこいの路」が、
通行止め解除となります。

・麦山の浮橋
  通行止め解除:2018年7月30日(月)15:00~

・奥多摩いこいの路
  通行止め解除:2018年7月30日(月)16:00~


通行止め解除とはなりましたが、
散策路には落枝やぬかるみなどがございます。
通行の際は、十分に気をつけてお越しください。

(山のふるさと村)

7/27(金)【麦山の浮橋】通行止め継続中のお知らせ


台風による増水に伴い、麦山の浮橋が通行止めとなっております。
 
通行止め期間:2018年7月27日(金)15:00~未定

なお、留浦の浮橋は通行可能となっております。

小河内貯水池管理事務所より、通行止め解除の連絡があり次第、
 山のふるさと村のホームページ、Twitterでお知らせいたします。

(山のふるさと村)

2018年7月29日日曜日

7/29【奥多摩周遊道路】3:30より全線通行止め解除のお知らせ

7/29(日)早朝より、台風のため通行止めとなっていた

奥多摩周遊道路は15:30より全線開通

となります。

これに伴い、

山のふるさと村も15:30より開園

します。

通行可能となりましたが、依然として落枝や落石の
恐れがありますので通行の際には十分に注意してください。

(山のふるさと村)

7/29(日)【奥多摩周遊道路】全線通行止めのお知らせ

本日、台風12号の影響により、

8:00より、奥多摩周遊道路は全線通行止め

となります。

また、それに伴い、

山のふるさと村は閉園

となっております。

今後の道路情報や開園については、わかりしだい、
本ブログでお知らせいたします。

















昨日の15時と今日の8時のサイグチ沢の様子です。

(山のふるさと村)

2018年7月27日金曜日

【お知らせ】台風12号接近に伴う通行止め及びヤマメのつかみどり中止

山のふるさと村をご利用予定のみなさまにお知らせです。

台風12号の接近に伴い

本日の15時より、
麦山の浮橋
奥多摩湖いこいの路
が通行止めとなります。

通行止めの解除は台風通過後、安全が確認され次第解除の予定です。

状況が変わり次第、お知らせいたします。

また、開催予定であったヤマメのつかみどりは中止といたします。



2018年7月23日月曜日

7/24(火)ビジターセンター清掃作業に伴う電話不通のお知らせ

ビジターセンター館内の床・ガラス清掃の為、
開園からお昼頃まで、お電話やメールが不通となります。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

お急ぎのお問合せ、クラフト体験教室などのお申し込みは、
【山のふるさと村管理事務所、クラフトセンター:0428-86-2556】

宿泊予約、無料送迎バスに関するご予約、お問合せは、
【キャンプ場サービスセンター:0428-86-2324】

までお願い致します。

山のふるさと村ビジターセンター

2018年7月5日木曜日

7/5(木)【麦山の浮橋】の通行止め解除のお知らせ

昨日より、強風に伴い通行止めとなっていた麦山の浮橋が、
通行止め解除となります。

通行止め解除:2018年7月5日(木)9:30~

散策には気持ち良い季節になってきましたが、
お出かけ前には、天気予報や道路情報を確認をお願い致します。
 
(山のふるさと村)

2018年7月4日水曜日

7/4(水)【麦山の浮橋】通行止めのお知らせ

本日、強風に伴い麦山の浮橋が通行止めになります。
 
通行止め期間:2018年7月4日(水)14:30~

小河内貯水池管理事務所より、通行止め解除の連絡があり次第、
 山のふるさと村のホームページ、Twitterでお知らせいたします。
 
(山のふるさと村)

2018年6月29日金曜日

【お知らせ】7月10日ビジターセンター休館

日ごろからビジターセンターをご利用いただきありがとうございます。

7月10日(火)に、ビジターセンターのみ休館させていただきます。
夏に向けて、館内展示の更新作業をさせていただきます。

山のふるさと村は、通常通り開園となります。
また、電話やメールの対応も通常通りです。


2018年6月21日木曜日

モリアオガエルの卵塊のゆくえ

梅雨の迎えた現在よりも少し前、
少し暑いくらいの時期に、毎年モリアオガエルの繁殖シーズンが巡ってきます。

夕方から夜にかけて「コロロロ・・・」と鳴き声が聞こえるのが合図です。
このカエルは水辺の樹上に卵を産むという変わった生態を持っています。
夜にはオスメスが枝先に泡で包まれた卵の塊を産みつけます。
泡の中から生まれ落ちたオタマジャクシは、真下の水面に着水するという仕組みです。


日中でもオスが枝先に登っているのを見かけることもあります。


この日は岩の隙間に!
しかもオスメス両方見られてラッキーでした。
(大きい方がメス。)

今年は卵の数が多く、ビジターセンターとレストランやませみの間にある2つの池に、
合わせると10個ほどの卵塊(卵がたくさん入った泡の塊)が産みつけられました。
(まだ増えるかもしれません!)

しかし一つ先行き不安な卵塊が・・・。


池から少しはみ出しています。
(きっと親カエルの事情があったのでしょう。)
自然の成り行きに手を加えるのはあまり良くないという意見もありますが、
今回は、来年も皆さんとモリアオガエルが見たいという思いがあったので
「おたすけバケツ」を設置しました。

 

孵化するまでには台風などの心配もありましたが、先日とうとうオタマジャクシを発見!


6/6の卵塊発見から14日目、無事姿を見る事ができました。
泡の中で孵化し、少し成長してから水面に落ちるので、すでに立派なオタマジャクシの形をしています。
ちなみに樹上にはまだダイブしていないオタマジャクシもいましたので、バケツはもう少し設置しておきます。



さらに、これからオタマジャクシが孵化しそうな新鮮な卵塊がいくつか・・・。


まだまだモリアオガエルのシーズンは終わっていません!
お越しの際は、ぜひ池にも寄ってみてくださいね。

(インタープリター/すみぃ)

2018年6月14日木曜日

夏に向けてキャンプ特訓!!

7月から10月にかけて、山のふるさと村では
テーマ性のあるキャンプを実施します。
当日までに準備することがた~くさんありますが、
今回はスタッフ達の感覚を取り戻すために
テントサイトを使って一日キャンプしてきました。

ごはんの試作をしたり、火を起こしたり、
何分でテントをたてることができるか、
子どもとキャンプする際、安全に活動するには
どんなリスクがあるか等、実践しながら確認しました。

これで、私達のキャンプの心構えはバッチリです!!

まずは7月に小学1,2年生キャンプがあります。
今年はどんな子たちが来るのか楽しみですね~♪













キャンプ申込みはこちら↓
http://www.yamafuru.com/eventvisitor/


(インタープリター/ミギー)

2018年6月12日火曜日

6.7.8月のクラフトセンター(木工、石細工、自然食教室)臨時休館日のお知らせ

6.7.8月のクラフトセンター各体験教室の臨時休館日をお知らせします。


<全館>
7月9日(清掃作業の為、全館休館)

<石細工教室>(定休日:月、火曜日)
6月:13日(水)、20日(水)、28日(木)、29日(金)

7月:4日(水)、18日(水)、19日(木)

8月:夏期休暇対応のため、
   毎週金曜日のみ休館(月・火曜は開館します)

 <木工教室>
・6~7月は臨時休館日の予定はありません。

<自然食教室>
・6~7月は臨時休館日の予定はありません。
 ※事前に予約が必要です。3日前までにご連絡ください。

(山のふるさと村)

2018年5月29日火曜日

館内消毒のため、ビジターセンターを一時的に閉館します。

本日午後、館内消毒作業がございます。
作業中はビジターセンターを閉館とさせていただきます。
つきましては、館内消毒中は電話が不通となります。

お手数ですが、お急ぎの際は、
クラフトセンターにお電話ください。
(電話:0428-86-2556)

お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、
ご理解いただけますようお願い申し上げます。

閉館、開館の際には、Twitterやブログにて告知いたします。

山のふるさと村ビジターセンター

2018年5月18日金曜日

この影だぁ~れ

今、ビジターセンター近くの池には、いろいろな生き物を見ることができます。
ふと池を眺めて気づきました。

さて、問題です。
池の底にできた、かげは、何の影?















これはおたまじゃくしですね。

次が本題
この影何の影?















さらに見ていると影が動いて水面をかく様子も見ることができました。
















となりに見えるおたまじゃくしの影も見ていて楽しくなりました。

日差しが強くなるこれからいろんな影が気になりそうです。

(正解は、写真の右側に浮いているものの影ですね。)

今日も楽しいや面白いを探す旅に出るいわしぃです。

2018年5月14日月曜日

5月のクラフトセンター(木工、石細工、自然食教室)休館日のお知らせ

5月のクラフトセンター各体験教室の休館日をお知らせします。

<自然食教室>
5月15日(火)、16日(水)、21日(月)~23日(水)、30日(水)

<石細工教室>
5月16日(水)~18日(金)、23日(水)、24日(木)、25日(金)、30日(水)、31日(木)

<木工教室>
5月21日(月)、22日(火)

(山のふるさと村)

2018年5月10日木曜日

雨あがりの自然観察

今週は雨の日が多かったですね。
奥多摩湖の貯水量もぐっと増えたようです。

こんな時は、雨あがりの自然観察に出かけましょう。
獣が姿を見せたり、鳥や蝶が飛び始めたりと、
生きものが動き出す気配を感じることができます。

そして私のおすすめはコケ観察。
水を吸ったコケは、新緑のような美しさです。

 
この日は素晴らしいことに、コケに擬態する生きものにも出会えました。
 
 

拡大すると・・・。


色もコケ、つんつんした所もまさにコケです。

調べると「クロミツボシアツバ」という名前の生きもののようですが、
個人的にはコケイモムシと呼びたいです。

ぜひ皆さまも近所の公園や神社などで、雨上がりの自然観察をしてみてください。
思わぬ出会いがあるかもしれません。

(すみぃ)

2018年5月4日金曜日

オトシブミの季節

新緑が美しいこの季節、山のふるさと村に来たらぜひ地面に注目してください。
たくさんの「落とし物」が発見できますよ。



丸められた葉っぱがいくつも落ちています。
誰の落とし物でしょうか?
まわりの木の葉をよく探すと、落とし主が見つかる場合があります。



さきほどの「落とし物」の主は、オトシブミのなかまです。
変わった名前ですよね。
葉っぱが丸まっている様子を、文(ふみ・手紙のこと)に例えたようです。
文を落とす生きもの、ということで落とし文と呼ばれるようになったのでしょう。
しかし、本当は手紙ではありません。
ひとつひとつに卵が産み付けてある、オトシブミの赤ちゃんのゆりかごなのです。
新緑の時期は、まだ葉っぱが柔らかくて丸めやすいのでしょう。

この時期、山のふるさと村で一番見つかるオトシブミはこちらのルイスアシナガオトシブミです。


オスの長い前足が個性的です。


ちなみにメスはこちらです。
オスほど前足は長くありませんが、濃いオレンジ色の体色は同じです。
メスが葉を丸めている間、オスは近くでメスを守っているようでした。


このオトシブミはケヤキの葉っぱを好みます。
ケヤキの葉っぱの特徴は、縁がぎさぎさしていることと、表面がざらざらしていることです。



ぜひ山のふるさと村にお越しの際は、オトシブミとセットで探してみてください。
また、ケヤキは街路樹として街中にも植えられていることが多いので、家のまわりでも探してみましょう。
もしかしたらオトシブミが見つかるかもしれません。

(すみぃ)

2018年4月26日木曜日

いろんな色を探して

サクラの花は散り葉桜が目立ち始めました。
日中の気温は、すでに初夏を思わせる山のふるさと村です。

サクラのピンク色が終わって、いま見られる色を探してきました。

飛び交う昆虫も色とりどりです。
飛んでいるチョウは写真にとれなくて葉っぱなどに止まってる虫たちを探してみました。
黄色、赤色、橙色、黒色を見つけました。


樹上や足元いろんなところをキョロキョロと探すといろいろな色を見つけることができます。
黄色、紫色、黄緑色、青色を見つけました。


今限定の山のふるさと村の色を皆さんも探して、インタープリターに教えてくださいね。

(いわしぃ)

2018年4月19日木曜日

下手なの?訛りなの?

みなさん こんにちは
インタープリター(自然解説員)のとむさんです。

山のふるさと村は新緑が美しい季節になってきました。




















春を迎え、初夏のころまでは野鳥たちの婚活のシーズンです。
さまざまな鳥たちが美しい声でさえずり、恋人を探しています。

よく知られているさえずりといえば、
ウグイスの「ホーホケキョ」が挙げられると思います。
山のふるさと村では、都心に少し遅れて先週くらいから鳴き始めました。

春の始めごろのウグイスは
まだ、さえずりの練習中なので、
必ずしも「ホーホケキョ」とスッキリ鳴けません。
聞いているともやもやします。若干もやもやします。

『練習・・・がんばりなよ・・・』

と心の中で応援せざるえません。

そんな応援の気持ちで記録にしました。
ごらんください。
「山のふるさと村 ウグイスのさえずり記録(作成:とむ)」です。



高い音は上に、低い音は下に、ビブラートは波線で記入。



今のところ、素直に「ホーホケキョ」と鳴くウグイスはいません。
日々練習を積み重ね、良いさえずりを習得してもらいたいです。

でも、実は奥多摩のウグイスはいくら練習しても、
最後までさえずりが「ホーホケキョ」にならないウグイスもいます。

音痴なのか、訛りがあるのか・・・
まあ、地域によって鳴き方が違うことはあるらしいので、
訛っているという事にしておきます。

さて、私はもう少し記録をとりつつ、
彼らの成長をうかがっていきたいと思います。

皆さんの家の周りのウグイスさんたちの様子はいかがですか?
お時間ありましたら、気にかけてみてください。

(インタープリター/とむさん)


2018年4月12日木曜日

はじめまして

皆様、はじめまして!

インタープリターの「すみぃ」と申します。
4月から山のふるさと村ビジターセンターに来ました、ピカピカの一年生です。
見かけたら、気軽に声をかけてくださいね。

山のふるさと村は早春を迎え、様々な生きものが活動を始めています。
今回は、今の時期しか見られない、私が好きな“小さな生きもの”を紹介します。

ビロウドツリアブ















大人の指先ほどしかない小さないきものです。
ビジターセンター入口のすぐ脇に咲くヤマツツジの花で見つけました。
早春の時期にあらわれるため、春の使者とも呼ばれるそうです。
フワフワの体が「ビロウド」の由来でしょうか。















空中でホバリングをして、器用に花の蜜を吸っているようです。
長い口(吻といいます)もあって、まるでハチドリのようですね。
都会の公園でも見つかるいきものなので、お出かけの際はぜひ探してみてください。

それでは、次回の見どころ情報もお楽しみに。

(インタープリター/すみぃ)

2018年4月7日土曜日

4/7(土)【麦山の浮橋】通行止め解除のお知らせ

昨日より、強風に伴い通行止めとなっていた麦山の浮橋が、
通行止め解除となりました。

通行止め解除:2018年4月7日(土)9:00~

春らしい暖かな日もふえ、
散策には気持ち良い季節になってきましたが、
お出かけ前には、天気予報や道路情報を確認をお願い致します。
 
(山のふるさと村)

2018年4月6日金曜日

4/6(金)【麦山の浮橋】通行止めのお知らせ

本日、強風に伴い留浦の浮橋が通行止めになりました。
 
通行止め期間:2018年4月6日(金)10:30~

小河内貯水池管理事務所より、通行止め解除の連絡があり次第、
 山のふるさと村のホームページ、Twitterでお知らせいたします。
 
(山のふるさと村)

2018年4月5日木曜日

下も向いて歩こう。

みなさん こんにちは
インタープリター(自然解説員)のとむさんです。 
 
奥多摩の山も春本番。
春の花が咲き乱れています。
 
ソメイヨシノは今が満開。
ヤマザクラも咲き始めました。

ヤマザクラ


サクラが咲くと、
その美しさに誘われて
上ばかり見て歩いてしまいますが、

地面に咲いている花々も今が見頃です。
サクラに比べるとひそやかで、
気付きにくいかもしれませんが、
色とりどりの花が咲いています。

そんな小さな花々の写真を
地面に這いつくばりながら
夢中になって撮ってきました。

一部ご紹介いたします。

エイザンスミレ
タチツボスミレ
 

 ミヤマキケマン 

タチイヌノフグリ 
ニリンソウ



いかがでしょうか?
なかなか可愛い子たちがそろっているでしょう!
(私のお気に入りはタチイヌノフグリです。
 花が2ミリくらいで、小さい青い花が可愛らしいです。)
サクラばかり見ていると、
小さな地面の花の見頃を逃してしまいます。

これからご来園予定の方は、
下を向いて歩くのもおすすめです。
ぜひお試しください。

(インタープリター/とむさん)

2018年3月22日木曜日

4月14・15日開催! 山のふるさと村 春まつり

山ふるでは春・秋・冬に、おまつりを開催していますが、
その中で春はもっとも草木萌える季節。

生命力にあふれた自然の中で、
様々な催しを楽しむことが出来ます。
















2016年の春まつり当日の風景。この年は桜が咲いていました。


















春まつりの目玉の催しのひとつ、
奥多摩に古くから伝わる「鹿島踊り」です。
これを見るために来たという人も少なくありません。
毎年見ているスタッフでも貴重な伝統芸能の、
鮮やかな舞に釘付けになってしまいます。
















奥多摩町小河内(おごうち)には、「子どもが主役の町おこし」を
精力的に行っている団体、
その名も「おごうちバンバンカンパニー(通称:OBC)」もやってきます!
奥多摩っ子たちが元気いっぱいに踊る姿はとても可愛いらしく、
みんな笑顔がほころびます。




奥多摩町イメージキャラクターの「わさぴー」も来ます。
ハグしてもらったり、記念撮影してもらっちゃおう!




























もちろん美味しいフードコーナーも充実!
つきたてのお餅や、奥多摩の清流で育った
ヤマメなどの川魚がその場で味わえます。
無くなり次第終了なので、お早めにどうぞ!


お腹を満たしたら、ビジターセンターのプログラムに
参加してみましょう!
ガイドウォークやクラフト体験など、山ふるの自然を120%
楽しめるプログラムがもりだくさんです。













桜の小枝ストラップづくり
春の花を楽しむガイドウォークと野点(のだて)体験
































最後はおみやげタイム。
みなさん、奥多摩の特産品は何かご存知ですか?
ヒントはわさぴーです。




























そう、ワサビ!
奥多摩のきれいな水で育ったワサビグルメが勢ぞろいします。
お土産に買って帰って、ぜひ、お家でも奥多摩を楽しんでくださいね。




















さあ、4月14・15日はみんなで楽しい
「山ふる春まつり」へ出かけよ~う♬

(インタープリター かーりー)